駐車場シェアサービスの「トメレタ(tomereta)」は関東を中心に、駐車場の貸し主と借り主をつなぎ、駐車場の1日貸しを事前に予約できるサービスです。

今回は駐車場シェアサービスの「トメレタ(tomereta)」を使用する前に知っておきたい評判、トラブルや問題が起きた時の対応などをご紹介したいと思います。

また後半では駐車場シェアサービスを、今後オーナーとして始めたい方に向けて手数料など他社との比較もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

駐車場シェアのトメレタの評判や口コミ

良い口コミ、悪い口コミも両方あるので、簡単にまとめます。

良い口コミ

・事前に予約ができる
・都心でも駐車料金が安い
・関東を中心に展開しているので、都内での利用者の口コミが目立つ

悪い口コミ
・目的地周辺の駐車場が見つからない
・イベント時など、通常よりも料金が高くなる

やはり事前に予約できるのは、この駐車場シェアサービスの魅力ですが、オーナーさんによってはイベント時の駐車料金を高く設定する場合があります。

もちろん周辺のコインパーキングとの競合もあるのですが、予約できるので確実に駐車場を確保したいのでれば、致し方がないのかと思います。

 

続いて、トメレタを使用する前に知っておきたい

よくある問題やトラブルが起きた時の対応についてご紹介します。

スポンサーリンク

駐車場シェアサービスのトメレタでのトラブル時の対応

トメレタには24時間対応のコールセンターがあります。

もし何か問題があった場合はこちらに連絡してください。

コールセンター:0120-558-991

この番号は携帯からも繋がるようなので、どこからでも繋がりますね。

では、よくあるトラブルについてみていきたいと思います。

Q1、到着時刻を過ぎてしまいそうです。どうしたら宜しいですか?

A、予約した駐車場は、その日ドライバー様の専用駐車場ですので予定よりも遅れてしまっても駐車頂けます。あくまでも予定時刻として記載頂いております。

引用:駐車場コンサルタントが答える to me re ta Q&A

トメレタは基本的には1日の予約となるので、予約した時間よりも遅れても、仮に早く着いても利用できるようです。

但し、駐車場によっては利用時間を制限しているところもあるので予約の際に、駐車場の貸出時間の確認をしておきましょう。

ちなみにこちらは0時から23時59分まで

トレタメ貸出時間(24H)

こちらは8時から21時まで

トレタメ貸出時間(制限あり)

こんな感じで、貸出時間が予約画面の中にあるので確認してください。

Q2、予約した駐車場に他の車が停まっていました。

まずはトメレタまでご連絡下さい。また、他のドライバー様が間違っている可能性がございますので、車両情報及び車両ナンバーを合わせてご連絡頂く様お願い致します。

引用:駐車場コンサルタントが答える to me re ta Q&A

駐車場によっては、複数台の予約を取れるようにしている場所もあるので、あなたが予約した場所に他の車が停まってしまっている可能があります。

その時は、まずは自分の予約内容を確認してから、トレタメに連絡を入れましょう。

Q3、事故を起こした場合、どの様に対応すれば宜しいですか?

まずは110番へ通報をお願い致します。その後、トメレタまでご連絡をお願い致します。後ほど、駐車場オーナー様もしくは管理会社様へご連絡をして頂く事となります。

引用:駐車場コンサルタントが答える to me re ta Q&A

まずは落ち着いて、警察とトレタメの両方に連絡を入れて下さい。

駐車場内での事故、また器物の破損などに備えて対物保険には加入しておくことがおすすめです。

自己負担で全て賄うと高い出費になる可能性もありますよ!

Q4、予約のキャンセルはできますか?

はい。できます。ただし、前日までにキャンセルを頂かないとキャンセル料(100%)が発生しますので、ご注意が必要です。

引用:駐車場コンサルタントが答える to me re ta Q&A

出来れば前日までにキャンセルをするようにしましょう。

事前にキャンセルすることが分っている場合は、早めにキャンセルをして他の人がその駐車場を利用できるしてあげましょう。

 

続いては、トレタメのメリットとデメリットもご紹介します。

スポンサーリンク

トレタメのメリット、デメリット

トレタメのメリット

1、事前に駐車場の予約ができる
2、コインパーキングよりも駐車料金が安い
3、バイクの駐車もできる

事前に駐車場の予約ができる

既に旅行やイベントが決まっているなど、日程と目的地がハッキリしている場合は、最大31日先の駐車場予約がトレタメで出来ます。

また駐車場にもよりますが長期で利用することも可能で、7日~10日間の利用が出来ます。

予約の画面の中に「最大予約期間」という項目があるのでご確認ください。

トレタメ(最大予約期間)

予約する日付の上に「最大予約期間」は表示されているので、ご確認ください。

コインパーキングよりも駐車料金が安い

駐車場シェアサービスのライバルとなるのはコインパーキングです。

なので基本的にはコインパーキングよりも駐車料金は安い金額で設定されています。

但し口コミでもあったように、例えば有名アーティストのライブがあり、周辺駐車場が混雑する事が予想されるような日の場合

通常よりも高い料金が設定されている可能性があります。

事前に予約をして駐車場の確保を優先するか、当日混雑する中で駐車場を探すか

費用対効果をどのように感じるかによりますね。

バイクの駐車もできる

トメレタの大きな特徴としてバイクの駐車場台数が多いことが挙げられます。

もちろん他の駐車場シェアサービスでおバイクの駐車場を検索することは出来ますが

私が使ってみた感じでは、一番多いのはこのトメレタです。

私もバイクの運転をしていた事があるのですが、ついつい路駐してしまいがちです。

結局は駐禁を切られたのですが・・・

そんな事にならないように、安いバイクの駐車場があるのは助かりますね。

デメリット
1、駐車場が関東に集中している
2、アプリが無い

駐車場が関東に集中している

先ほどの口コミでもありましたが、駐車場が関東の特に東京都心に集中しているので、地方で利用はおすすめできません。

地方で利用するのであれば「akippa(あきっぱ)」「パーキング予約なら特P(とくぴー)」「軒先パーキング」がおすすめです。

akippaは駐車場シェアサービスでは最も駐車場登録数が多いので、こちらから検索をして、次に特Pか軒先パーキングを検索するようにしましょう。

akippa(あきっぱ)については「akippa(あきっぱ)の評判、口コミ!トラブル時の対応を解説!」も参考にしてください。

トメレタはアプリが無い

過去はアプリの配信があったのですが、2019年5月13日現在ではアプリの配信はありません。

こちらの公式ページから駐車場の検索、予約を行って下さい。

トレタメはおすすめか?

関東、特に東京都内での観光・仕事などに車で行く時に利用することをおすすめします。

その他の地方の利用には正直あまり向いていません。

ただバイクの駐車場は多く掲載されているので、バイクの方にはおすすめですね。

トレタメの会社概要

トレタメは2018年にドコモのスマートパーキングシステムに合併し、現在の運営会社はNTTドコモです。

ドコモも同じ駐車場シェアサービス「Peasy(ピージー)」を展開していますが、こちらのサービスは時間貸しがメインで、当日の利用30分前から予約(キープ)が出来るサービスです。

ドコモはトメレタとPeasy(ピージー)でサービス内容の住み分けを行っています。

Peasy(ピージー)について詳しくは「Peasy(ピージー)!ドコモ駐車場シェアサービスの評判や使い方」も参考にしてください。

次に駐車場サービスをこれから始めようと考えている、駐車場オーナーの目線でトレタメを見ていきたいと思います。

トメレタでの副業は儲かるのか?

駐車場シェアサービスは、駐車場を貸したい駐車場のオーナーさんと、駐車場を利用したいユーザーさんをマッチングさせることで売上が発生します。

駐車場シェアサービスを提供しているトレタメなどは、そのマッチングのシステムを提供し、売上の中から手数料を徴収しています。

もし自宅や会社などの、日中利用していない駐車場があるのであれば、このシステムを利用することで、収益を上げる事が出来ます。

駐車場シェアサービスはこんな方におすすめ

・車で通勤して日中自宅の駐車場は利用していない

・経営しているアパートなどの駐車場に勝手に車を停められて困っている不動産オーナーさん

・これから駐車場経営を始めようと考えている方

 

これから駐車場シェアサービスを始めるあたり、やはり気になるのは手数料だと思います。

これから駐車場シェアサービスを提供している主要な会社4社との手数料の比較をしたいと思います。

順位 サービス名 手数料 リンク
第1位 特P 30% 空いた駐車場がお小遣いを稼いでくれる「特P」
第2位 軒先パーキング 35% 軒先パーキングでオーナー登録
第3位 トメレタ 35% トメレタのオーナー登録
第4位 akippa(あきっぱ) 40%~50% akippa(あきっぱ)のオーナー登録
第5位 B-times(※1) 40% B-timesで駐車場を貸したい方へ

※1、B-timesは2019年5月からサービス名「B」に変更しています。

 

手数料だけでの判断では「特P」が業界最低水準の手数料となります。

もちろん手数料が安ければ、それだけ収益を上げる事ができます。

 

例えば、その月に10000円の売上

10000万円×30%=3000円(手数料)

あなたの収益は7000円となります。

 

次に確認が必要なのは集客力です。

サイト、もしくはアプリの利用者がどれくらいいるのか?

その点でも「特P」は、サイトへの月間アクセス数が100万件を超えるので十分な集客力があります。

「特P」について詳しくは「特Pの評判やトラブル対応、手数料の比較!駐車場経営者必見!」をご覧ください。

 

また集客で言えば「akippa(あきっぱ)」のユーザー登録数は2018年に100万人を超えているので

手数料は少し高いですが、収益化という点ではお客さんが多い所にお店を出した方が売上が上がるので、有利です。

この2社が現時点での駐車場シェアサービスの主要なサービスとなります。

 

ではトメレタはどうか?

手数料では35%とakippa(あきっぱ)よりも安いですが、集客力という点では劣ると言えます。

 

その大きなポイントが駐車場の登録数です。

ドコモにトメレタのサービスを譲渡した際に発表されていた駐車場登録数は約500件でした。

 

akippa(あきっぱ)の駐車場登録数は約2万台(2018年2月時点)です。

明らかに件数が少ないのが分かるかと思います。

 

運営がドコモに代わり、多少の改善があったとしてもすぐには追いつく事は出来ません。

駐車場シェアサービスを始めるなら「特P」「akippa(あきっぱ)」がおすすめ!

これから駐車場シェアサービスを始めるのであれば「特P」「akippa(あきっぱ)」がおすすめです。

この2社はあなたの所有する駐車場の収益シュミレーションが出来るので、まずはシュミレーションで幾らになるのかご確認ください。

どちらも住所を入れるだけで、いくら稼ぐことが出来るかシュミレーションしてくれます。

まとめ

今回は2018年にドコモに譲渡された駐車場シェアサービスのトメレタについてご紹介しました。

関東、特に東京での駐車場検索であればバイクなど多少の優位性はあるが、駐車場の登録件数などまだまだです。

もし駐車場シェアサービスを利用するのであれば、現時点では「akippa(あきっぱ)」や「特P」などの方が利用しやす状態です。

ただ2018年からドコモが運営しているので、今後の展開には目を離せませんね。

これから拡大していく事を期待したいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事