Peasy(ピージー)は、ドコモが開発した「docomoスマートパーキングシステム」を利用した駐車場シェアサービスです。

現在は、東京23区と大阪を中心に拡大を続けています。

最大の特徴は駐車場をアプリ内で検索し、目的地の近くにPeasy(ピージー)登録の駐車場があれば、停める30分前からその駐車場を予約(キープ)することが出来る点です。

今回はPeasy(ピージー)の評判や、アプリ、使い方などについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Peasy(ピージー)の評判や口コミ

料金清算がらく
子供が居ると駐車場の料金精算が面倒だったので、勝手に精算してくれて便利。

なはまらたるも、2019/04/09

 

今後も使います!
車で駐車場が見つからないときの不安が嫌だったので便利です!

bracuvoin、2019/04/11

 

事前に確保できるの良い
行って空いてない時のイライラが嫌だったのでこう言うの助かる。

きんちょまん、2019/04/10

 

駐車場の数が少ない
とにかく検索結果にでる駐車場の件数が少なく、役に立たない。
こんなアプリに★5つけてるやつはやはりサクラでしょうか。

poriporis、2019/02/28

 

使えない!
問い合わせたセンターのオペレーターが質問に対して、何も答えられない。。何の為の番号か?!
一箇所キープ後は、キャンセルできない状態なので、他の場所の検索が出来ない!

BR13340 2018/10/19

 

Twitterでは一件だけでしたが、アプリ内の口コミは5段階評価の内、平均が4.7なので利用した方の評価はかなり良いですね。

但し、まだサービス開始が2017年7月と日が浅い為か、登録駐車場の件数が少なく

また地域も東京、大阪に偏っているので、まだまだユーザーの満足いくほどの規模にはなっていないようです。

一応、2020年3月までに5000台の駐車場登録件数を目指しているようですが、まだまだといったところでしょう。

 

またオペレーターが何も答えられないと評価している口コミにはドコモ程の大企業なので

こういった声には真摯に向き合って、しっかりと教育をして頂きたいものです。

スポンサーリンク

Peasy(ピージー)のアプリ、使い方

こちらはアプリが用意されているので、アプリをダウンロードし、LINEなどSNSアカウントでログインすることが出来ます。

無料アプリのダウンロードは「こちらから

「Facebook」「Google」「LINE」のアカウントがあれば簡単にログインすることが出来ます。

登録の流れ
1、ソーシャルログイン(LINEなどのアカウントでログイン)
2、名前等の登録
3、クレジットカードの登録

使い方は簡単です。

検索画面にこれから行く場所の住所、名称などを打ち込んで検索するだけ

もし30分以内に目的地に着くようなら、キープボタンでその駐車場を30分間確保しておくことが出来ます。

もし30分以内につかなかったら、自動でキープはキャンセルされます。

無料アプリのダウンロードは「こちらから

 

続てPaesy(ピージー)でのトラブル時の対応など確認しておきましょう。

スポンサーリンク

Peasy(ピージー)利用時のトラブルについて

Smart Parking Peasy(ピージー)はカーセンサーを利用したサービスなので、予約した駐車場に違う車が停まっているなどのトラブルはありません。

他社の駐車場シェアサービスに比べてトラブルの発生は少なくなります。

また24時間、365日対応のコールセンターもあるので、何かあればすぐに対応してくれます。

 

Peasy(ピージー)の特徴

1、30分間の駐車場のキープ機能

他社にはない機能、Peasy(ピージー)の最大の特徴となるのが、このキープ機能です。

事前に検索していってみたら、既に埋まっていたなんて事はこの機能があれば解決されます。

またこれは30分経過すると自動でキャンセルされるので、急な予定変更があっても問題ありません。

 

2、コインパーキングよりも駐車場代金は安い

他のサービスも同様ですが、周辺のコインパーキングの料金を基に、駐車料金を設定しているのでコストパフォーマンスはこちらの方が高いですね。

また、分単位での清算もできるので、無駄な駐車料金を取られることはありません。

 

3、クレジットカードで簡単決済

アプリ内でクレジット決済されるので、小銭の準備しておく必要もありません。

 

続いて、駐車場のオーナー目線からPeasy(ピージー)の事をもう少し深く見ていきたいと思います。

Peasy(ピージー)の駐車場オーナーになるには?

ピージーのサイトやアプリ内で、駐車場オーナーへの登録画面はありません。

以下の事業者登録している会社に問い合わせるか、こちらから直接お問い合わせください。

事業者登録している企業一覧(2019年5月13日現在)
  • 株式会社第一興商 他グループ2社(株式会社湘南第一興商、株式会社城西第一興商)
  • 株式会社シェアリングサービス
  • 大和ハウスパーキング株式会社
  • 大阪ガスビジネスクリエイト
  • 銀泉株式会社

(順不同)

初期費用、手数料は?

駐車場に1台分の駐車区画を開設する場合

初期設置料(初回のみ) : 50,000円(税別)~
システム利用料(毎月) : 2,000円(税別)~+駐車料金の20%

スマートパーキングセンサー

出典:駐車場事業者向けソリューション「docomoスマートパーキングシステム」の提供開始

駐車場シェアサービスを始める前に、これらの設置が必要なので初期費用は多少かかります。

この点は駐車場シェアサービスを行っている「特P」や「akippa(あきっぱ)」にはない設備です。

 

手数料については、システム使用料として2000円~、駐車料金の20%となっています。

駐車料金の20%は、他社と比べると安いですが、固定で2000円かかってくるのは、個人では始めにくくしていますね。

初期費用、手数料の他社比較

サービス名 初期費用 手数料 リンク
Peasy(ピージー) 50,000円~ 売上の20%、システム使用料2000円~ Peasy公式サイト
特P 0円 売上の30% 特P公式サイト
akippa(あきっぱ) 0円 売上の40%~50% akippa公式サイト

 

ある程度の台数、大型の駐車場を経営を始めるのであればPeasy(ピージー)のシステムなどは向いているのかもしれません。

個人が手軽に始めるのであれば、「特P」や「akippa(あきっぱ)」の方がおすすめです。

 

まとめ

今回はPaesy(ピージー)の評判、口コミ、またトラブルの際に対応など見てきました。

ドコモは2018年8月に他の駐車場シェアサービスの「トメレタ」の事業譲渡を受けています。

これにより「トメレタ」に登録されていた500件以上の駐車場登録が追加されました。

但し「トメレタ」の予約は1日単位となり、Paesy(ピージー)のサービスとは異なる点もあります。

これからもっと多くのユーザーの獲得、駐車場登録が増えていけば、期待のできるサービスではないかと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事