toppi!の使い方や口コミ

ちょっと車で外出した時に、なかなか駐車場が見つけられない、また観光先で駐車場に入れるのに待たされた。

そんな経験ありませんか?

そんな時は「三井のリパーク」を運営する三井不動産リアリティが2016年に始めた駐車場シェアサービス「toppi!(トッピ)」を利用しましょう。

きっと近くの駐車場を見つける事が出来ます。

もし出かける予定が決まっているのであれば、当日から13日先まで駐車場の予約をする事が出来ます。

今回は駐車場シェアサービス「toppi!(トッピ)」にの使い方や利用時の注意点、口コミなどを紹介します。

記事の後半では駐車場オーナーとして「toppi!(トッピ)」は儲けることができるのか?についてもご紹介しているので、興味のある方は是非お読みください。

スポンサーリンク

三井のリパークを予約できるtoppi!の使い方

三井不動産リアリティが運営している駐車場シェアサービス「toppi!」には、自社「三井のリパーク」のコインパーキングや月極駐車場など15,000カ所以上(2019年3月現在)も登録されており、全国各地の駐車場を予約することが出来ます。

これはタイムズの運営する駐車場シェアサービス「B(旧:B-times)」にはないサービスです。

上手に自社のリソースを使う事が出来ている点では、かなり使いやすいサービスになっています。

それでは「toppi!」の使い方を見てみましょう。

toppi!の使い方
1、駐車場を検索
2、会員登録(仮登録→本登録)
3、駐車場の予約
4、クレジットカードの登録
5、予約完了

使い方は非常にシンプルで分りやいので、迷う事はないかと思いますが、簡単にみていきましょう。

まずは「toppi!」のサイトへ

駐車場を検索

toppi!駐車場検索使い方

まずは予約のしたい場所名、もしくは住所を入力すると入力した直後に候補の地域名が出てきます。

その中から自分の行きたい場所を選びます。

次に日付けです。

そして自分の車の車種を選び、「検索」ボタンをクリック

今回は「羽田空港」で検索します。

toppi!検索結果

こんな感じで目的地周辺の駐車場が検索されます。

この中からコストや、目的地(今回であれば羽田空港)までの距離を考えて自分に合った駐車場を選択します。

toppi!駐車場詳細1

駐車場一覧の「詳細」をクリックすると、その駐車場の写真が表示されます。

下にスクロールするとこんな感じで、駐車場の大きさや日ごとの予約状況なども分ります。

注意点
「利用可能時間帯」は確認しておきましょう!
24時間(0時~23時59分)利用可能な場合と、決められた時間内しか利用できない場合があります。

toppi!駐車場詳細2

そして予約する駐車場が決まったら、更に下にスクロールすると

toppi!駐車場詳細3

青の「個人ユーザー」オレンジの「法人ユーザー」の会員登録ボタンが表示されます。

続いて会員登録の方法について紹介します。

会員登録(仮登録から本登録)

①まずはメールアドレスを入力して仮登録を行います。

toppi!仮登録

②登録したメールアドレスに仮登録完了と本登録するためにURLが届くので、そのURLをクリックしてください。

するとこちらの本登録の画面になります。

あとは必要事項を入力して、利用規約の同意をチェックして「登録する」をクリック

これで登録は終了です。

あとは先ほど選んだ駐車場を選択して、クレジットカードの登録をすれば駐車場の予約は完了です。

予約した日に車で駐車場に向かいましょう。

ちなみに駐車場にはこちらのようなtoppi!のコーンが立っているので見つけやすいかと思います。

toppiの使い方について詳しくは公式サイトでも紹介しているの確認してください。

続いてtoppiの利用の際の注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク

利用方法と注意点

1、予約と営業時間について

toppi!で予約は当日から13日先までになり、また予約の単位は1日(0時0分~23時59分)になります。

但し中には駐車場の営業開始時間が9時からなど異なる場合もあるので、予約の際に必ず確認してください。

2、支払い方法

支払い方法はクレジットカードのみとなります。

予約した駐車場がコインパーキングの三井のリパーク内だったとしても清算機でお金を支払う必要はありません

駐車場の利用が終わったらそのまま出て下さい。

3、駐車する車の情報

駐車する予定の車が変更になったら、必ずマイページから車のナンバーの変更をしてください。

駐車場を貸している側にも情報が表示されるので、もし違うナンバーが止まっていたら、toppi!のコールセンターに連絡が入りトラブルの原因にもなります。

4、駐車場のキャンセル

急な予定の変更があっても前日までのキャンセルであれば無料です。

当日のキャンセルの場合は100%かかります。

 

続いて駐車場内で起きたトラブルの対応についてご紹介します。

スポンサーリンク

toppiでトラブル時の対応方法

駐車場内でのトラブルについては、基本的には直ぐにコールセンターに連絡してください。

toppi!コールセンター:0120-630-226

このような時は連絡しましょう
・予約した駐車場に別に車が停まっている
・駐車場内にあるモノを破壊、ぶつけてしまった

駐車場内の一部を破損などの為に、必ず対物保険などには加入しておきましょう。

そうしないと自己負担額が大きくなる可能性があります。

 

では続いてtoppi!のメリット、デメリットをご紹介します。

toppiのメリット、デメリット

メリット

  • 13日先まで駐車場の予約が出来るので、出先で駐車場の確保ができないなどの不安が解消される
  • 全国に展開している三井のリパークの運営するコインパーキングも一部予約することができる
  • 出庫の際に小銭と用意する必要がない
  • 1日単位の予約なので、何度でも出入りが出来る
  • 駐車場代金が周辺のコインパーキングよりも安い

 

デメリット

  • 1日単位での予約しかできないので、1時間など短い時間の利用の場合は割高になる
  • 支払いはクレジットカードしか利用できない

 

続いてtoppi!の口コミも見てみたいと思います。

口コミや評判は?

簡単にまとめますね

良い口コミ
・料金が安い
・トラブル時のコールセンターの対応が素晴らしい
・駐車場が少ないエリアでも予約できて安心
悪い口コミ
・三井のリパークの運営しているコインパーキングも一部利用されているので、間違って予約スペースに駐車場されてしま

おおむね良い口コミが多かったのですが、悪い口コミでは予約した場所に別の車が止められていたというケースが目立ちました。

それでもコールセンターの対応が良かったのか満足されている方もいますね。

こうしたカスタマーサービスの充実は重要ですね。

楽しい時間が一気に暗いムードになりかねないですからね。

 

ここまではユーザー目線でtoppi!について色々とご紹介してきました。

さすがは三井系が運営しているだけあって安心して利用できますね。

 

これからはオーナー側からの目線でもtoppi!を少し解説したいと思います。

toppiでの副業は儲かるのか?

オーナーとしたら駐車場シェアサービスで儲からないと意味がありません。

そこでtoppi!をオーナーとして駐車場を貸した場合の手数料なども含めご紹介します。

toppi!で駐車場オーナーを始める為にかかる費用

toppi!で駐車場オーナーを始める際の初期費用は、例えば自宅の駐車場で既に駐車場に必要な設計ができている場合は0円です。

但しToppi!の場合、他の駐車場シェアサービスとは異なり審査が厳しいので、もし必要な設備が足りない場合は初期投資が必要になる場合があります。

ちなみに「toppi!専用コーン」の費用は掛かりません。

 

toppiの駐車場登録の流れ

toppi駐車場登録の流れ

登録の流れ
1、情報登録
2、手続きに関する案内
3、スタッフが駐車スペースなどの確認
4、審査後に契約手続き(料金の決定)
※現在は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県のみの登録を受付けています。今後順次拡大していく予定(2019年5月現在)

このような流れになります。

他社の駐車場シェアサービスの場合、登録して直ぐに貸し出すことができる所もありますが

toppi!はしっかりとした審査があるので、逆に安心してスタートする事が出来ます。

また駐車場の料金もオーナーが決めるのではなく、周辺のコインパーキングの料金などを加味してtoppi!の方で設定してくれます。

toppiの手数料は?

Toppiの手数料は30%となります。

手数料としては業界最低水準となりますが、先ほども説明した用に数万円の初期投資が必要な場合があります。

 

ただ実際にスタッフが現場に出向いて審査を行うので、利用者としては安心して使う事ができ

利用者との信頼関係を築きやすい環境といえます。

 

toppiはユーザーとして、オーナーとしておすすめか?

ユーザーとしては?

ユーザーとしては間違いなくおすすめです。

全国展開している三井のリパークが提供している駐車場予約サービスなので間違いありません。

 

駐車場オーナーとしては?

初期投資がかかってしまう可能性があるので、その点においては他社に劣りますが、ユーザーの利便性が高いので集客力はあります。

総合するとおすすめですが、もしオーナー登録をするのであれば、他社の駐車場シェアサービスの併用もおすすめです。

サービス名 手数料 関連リンク
特P 30% 特Pの評判やトラブル対応、手数料の比較!駐車場経営者必見!
akippa(あきっぱ) 40%~50% akippa(あきっぱ)の評判、口コミ!トラブル時の対応を解説!
toppi!(トッピ!) 30%(初期費用が数万円必要) オーナー登録専用サイトはこちら

私のおすすめとしては、初期投資がなく手数料が業界最低水準の「特P」、そしてユーザー数が100万人を突破している「akippa」の2つです。

この2サービスについて詳しくはこちらのリンクからご確認ください。

 

まとめ

ユーザーからの評価も高いtoppi!についてご紹介してきました。

旅行先でも、ちょっとした外出でも駐車場が確保できるか心配な時にはぜひ活用しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事